腰痛の原因と予防対策

腰痛の原因の一つとして、不自然な姿勢にあります。腰が丸くなったり、また腰が反りすぎたりするのも腰椎の椎間関節や椎間板に負担がかかり、痛みを引き起こしやすくなります。そのため、適切な腰椎の彎曲を維持することが腰痛を防ぐポイントです。

そのためには、腰部だけでなく、骨盤や胸椎、頚椎を通して全体のバランスをとっていかなければなりません。そして骨盤部や腰椎を安定させるために働いている筋肉にうまく活動してもらわなければなりません。といっても痛いときに無理な運動をするのは、余計に痛みを増加させてしまうので止めておくべきです。

運動をするとしたら、少し痛みが治まったときに、歩いたり、軽いストレッチをしたりするのがよいでしょう。だんだんと痛みがなくなってきたら軽い運動を行うのがベターと考えています。よく痛いので、痛い部位を鍛えなければならないといって、ダンベルやバーベルでトレーニングして悪化する人がいますが、それは危険な行為ですからやらないように気をつけてください。

腰痛になってしまう前に、整体やカイロプラクティックなどに通い、定期的に整えておくべきです。痛くなってからだとなかなか改善してこないし、時間もかかります。整体やカイロプラクティックは予防医学としてアメリカで発展してきました。

世界のいわゆる知識の豊富な方達のほとんどは、整体、鍼灸、カイロなど代替療法を予防医学として利用しています。身体の自由がきかなくなったことを考えれば、一ヶ月に一回わずかなお金で健康を手に入れることができれば安いものですよね。健康はお金に変えられません。

皆、痛くなってから後悔します。そうならないためにも、定期的に整体やカイロプラクティックで身体の歪みを整えていってください。どの治療院に行くかというのは、評判や口コミを調べるのがよいのですが、最近は過剰な宣伝も多いので、知人、友人で通っている方がいれば、その方たちからの口コミや評判を参考にして一度通ってみるのもよいでしょう。

http://xn--jp-wo3cp28bp1lzv6c.com/